遊雅堂を運営している企業!Breckenridge Curacao B.V.について徹底解説

遊雅堂

遊雅堂を運営している会社ってどんなところなんだろう?

地味に気になるよね!今回は遊雅堂を運営している会社について紹介するよ!

皆さんは日本で遊べるオンラインカジノについてどんなイメージを持つでしょうか。

おそらく怪しいとか違法というマイナスなイメージを持つ方がほとんどだと思います。

確かに日本での賭博は禁止であり、芸能人や国会議員などが賭博をして摘発されたというニュースがメディアで大々的に取り上げられたこともあります。

そのため、「カジノ=違法」であるというイメージが定着してしまったのかもしれません。

しかし、遊雅堂に関しては運営している「Breckenridge Curacao B.V.」が信頼性の高いライセンスを取得して営業している合法のオンラインカジノです。

今回はそんな遊雅堂を運営している「Breckenridge Curacao B.V.」について、どういった企業なのかさまざまな観点からご紹介していきます。

安心して遊雅堂で遊ぶためにも、ぜひ今回の記事を参考に運営元についても理解を深めてみてください。

そもそも遊雅堂は違法ではないのか

日本国内でカジノを営業していたら、それは紛れもない違法行為です。

現在カジノ合法化を進める政策を打ち出しているのを耳にしているかと思いますが、現状はすべて違法です。

しかし、日本以外の国ではカジノの営業は認定を受けていると合法となる場合もあります。

こちらのブログで紹介している遊雅堂も、運営会社が政府発行のライセンスを取得して営業している合法のカジノです。

日本の刑法185条と186条には、「国で認められているもの以外のギャンブルをしてはいけない」、「ギャンブルする場所を提供してはいけない」という賭博に関する内容が記載されています。

しかし、オンラインカジノにおける明確な法律は存在しないのです。

そのため、現状オンラインカジノは合法ではありませんが違法でもない状態になっています。

今後、もし違法だと指摘される場合は、「日本国内においてギャンブルをする場所を提供している」という条文に違反しているかが争点になってくるかと予想されています。

日本国内に拠点を置いて運営していると違法になるんだね!

遊雅堂を運営しているBreckenridge Curacao B.V.とは

遊雅堂は日本人向けに完全最適化されたオンラインカジノです。

デザインも「和ラグジュアリー」をコンセプトにして、日本人好みの落ち着いた雰囲気です。

海外の企業なのに「円表記」に対応していることもあって、日本人におすすめできる理由がそろい踏みとなっています。

そんな遊雅堂を運営しているのは「Breckenridge Curacao B.V.」という企業です。

まずはこの「Breckenridge Curacao B.V.」がどういった企業なのか、「会社の基本情報」、「これまでの実績」、「取得しているライセンス」、という3つに分類してご紹介していきます。

遊雅堂を運営する会社の基本的な情報

「Breckenridge Curacao B.V.」は「Dumarca Gaming Limited」というベラジョンカジノを運営していた親会社から独立した企業です。

「Dumarca Gaming Limited」は2011年に設立し、アメリカのコスタリカに所在しています。

2011年当初は所在しているコスタリカにてライセンスを取得しカジノを始めますが、その後世界中で信頼の厚いマルタ共和国のライセンスを取得しました。

これをきっかけにユーザーからの信頼度が上昇しユーザーが急増、歴史の浅いオンラインカジノですが、現在も知名度を拡大させ続けています。

なお、「Dumarca Gaming Limited」の親会社である「Dumarca Holdings PLC」は、2015年にトロント証券取引所の上場企業である「Intertain Group Ltd」に買収されています。

遊雅堂は結構大きな企業が運営しているんだね!

遊雅堂を運営する会社のこれまでの実績

遊雅堂の運営会社の実績を語るうえで、ベラジョンカジノに触れないわけにはいきません。

遊雅堂がオープンする10年ほど前からすでにオープンしたベラジョンカジノは、2015年に「Intertain Group Ltd」という企業に8,910万ユーロで買収されました。

その翌年の2016年、「必勝カジノオンラインZ」が2004年に日本で開設されて以降、オンラインカジノの豊富な情報を集め続けているホームページにて行われたアンケート調査によって、初となる金賞を受賞しました。

その後2020年まで金賞を受賞し続け、それまでの連覇記録を塗り替えて史上初となる5連覇を達成しています。

このアンケート調査は現役のカジノプレイヤーたちからの声を集めたものなので、どれだけベラジョンカジノが圧倒的な人気を誇って愛され続けているかが分かります。

これにはゲームの種類が豊富なことやボーナスプログラムの気前の良さはもちろんですが、入金や出金のスピーディーな対応などからみられる誠実さも高評価の要因になっているようです。

こういったオンラインカジノ業界で輝かしい実績を獲得している企業が新たにオープンした遊雅堂は高い期待を背負っていましたが、それに応えるような高い信頼感と安全性、そして質の高いサービスを有しています。

世界的に信頼性の高い会社が遊雅堂を運営しているんだね!

遊雅堂の運営会社は信頼性の高いライセンスを取得している

遊雅堂の現在の運営会社である「Breckenridge Curacao B.V.」は、オランダ領キュラソー政府が発行するライセンスを取得し、オンラインカジノの営業を行っています。

ベラジョンカジノも2020年にマルタ共和国のライセンスからキュラソー政府のライセンスに切り替えています。

キュラソー政府はライセンス発行に関して20年という長い歴史を持っていて、信頼性が高いことが分かります。

実際にベラジョンカジノがマルタ共和国のライセンスに切り替えた時は多くの反響があったそうです。

遊雅堂は政府に認定されている合法のオンラインカジノで、不正が一切ないのをライセンスの取得によって宣言しているのです。

キュラソーライセンスによって遊雅堂は仮想通貨の導入をスムーズに進められたんだよ!

遊雅堂を運営している企業のグループカジノ

遊雅堂の現在の運営会社である「Breckenridge Curacao B.V.」は、遊雅堂以外に「ベラジョンカジノ」と「インターカジノ」という2つのオンラインカジノを運営しています。

ベラジョンカジノについてはよくご存じの方も多いかと思いますが、インターカジノも知名度の高いオンラインカジノです。

それぞれのオンラインカジノについて簡単に特徴をご紹介します。

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノは言わずもがな、現在世界で最も人気の高いオンラインカジノのひとつです。

2011年のオープン以降ユーザーの数を増やし続け、現在では1,800を超える豊富なゲーム数や、還元率の高いボーナスを定期的に行っているなど、数あるオンラインカジノのなかでも魅力的な特徴の多いカジノです。

こちらのベラジョンカジノで遊べるゲームのほとんどは遊雅堂でもプレイ可能で、最新ゲームの導入もベラジョンカジノと遊雅堂で同時に配信が開始するときが多いですよ。

有名なベラジョンカジノと同じレベルのサービスを提供しているんだね!

インターカジノ

インターカジノは1996年に創業してから、25年という長い歴史のあるオンラインカジノです。

創業以来30を超えるトップ受賞歴があり、オンラインカジノ業界で最も権威のある「Gambling Online Magazine」という雑誌で、最優秀カジノ賞をなんと5年連続で受賞した過去があります。

そんな世界で最も古いオンラインカジノのひとつですが、現在もアップデートやリニューアルを頻繁に行っていて、2020年2月には大規模リニューアルが行われました。

これまでのお堅いイメージから一変して、可愛らしい2人のキャラクターが新たに作られるなど、時代の流れに順応した今風のデザインに生まれ変わりました。

そして、インターカジノの魅力はこれまでに多数の高額当選者を輩出していることです。

高額当選者がさらなる宣伝材料となって、より多くのユーザーを集めてきました。

今後もさらなる進化が期待されているオンラインカジノです。

なお、こちらもベラジョンカジノや遊雅堂と同様に、日本語のサポート体制が整っています。

運営歴が長くても時代に合わせて進化しているね!

遊雅堂は信頼のおけるゲームプロバイダと契約している

オンラインカジノを運営するうえで、信頼できるゲームプロバイダと契約しているのは非常に重要なポイントです。

遊雅堂が契約しているゲームプロバイダは複数ありますが、どれも監査機関の審査をクリアしているので、透明性が高くて不正のない、公平性が保たれているゲームをプレイできます。

すべてのゲームには第三者が介入不可能なランダム生成器を搭載しているので、遊雅堂の運営はゲームのシステムを操作できません。

運営会社がしっかりしていてもゲームプロバイダが守らなかったら違法になっちゃうもんね!

さまざまな決済サービス会社と提携している

遊雅堂はさまざまな決済サービスに対応しているため、決済方法に「クレジットカード」、「銀行振り込み」、「電子決済サービス」、「仮想通貨」という多様な方式のなかから選べます。

銀行振り込みも国内の大手銀行ほぼすべてに対応していて、ゆうちょ銀行も使用できます。

こうした細かいけど重要な点を抑えているため、遊雅堂は今後もさらにユーザーを増やし続けると予想されます。

決済関係の会社はどこも基準が厳しいから決済方法が多いと安心だよね!

過去にオンラインカジノ関連で逮捕者が発生した事例

日本人がオンラインカジノ関連で逮捕された事例を3つ紹介します。

たとえ運営元が日本国外の企業だったとしても、場合によっては違法行為だと判断されてしまいます。

これから紹介する事例は、今後同様の状況に陥ったら巻き込まれてしまうかもしれないのでしっかり確認しておきましょう。

オンラインカジノをやって逮捕された事例があるんだ!遊雅堂は大丈夫なのかな?

スマートライブカジノ事件

2016年3月10日、「スマートライブ」というイギリスが運営するオンラインカジノで遊んでいたとして、3名の日本人が逮捕されました。

3名は同年2月にブラックジャックでおよそ22万円を賭けてプレイし、「海外サイトなので違法性がないと思った」と供述をしたそうです。

供述している内容は確かにその通りなのですが、逮捕に至る経緯として、スマートライブはイギリスで運営されているのにも関わらず、運営元が日本国内であると判断されたため逮捕に至りました。

そう判断されたのは、「ディーラーが日本人だったこと」、「日本人専用のテーブルがあった」、「日本時間の夕方から深夜にサービスが提供されていた」という3つの理由からでした。

いくら日本国外の企業が運営していると言っても、日本人のディーラーが日本人相手に賭博行為を行っているのが大きな決め手となったようです。

また、現行犯でなくても逮捕に踏み切った事例として代表的な一件です。

スマートライブは現在閉鎖されていますが、この一件との関連性はないようです。

なお、現在も日本語でコミュニケーションが取れるディーラーはいますが、海外在住の方であれば問題ないとされています。

結果的に2名は略式起訴、1名は逮捕を不服として裁判に持ち込もうとしたら無罪となったの!この事件をきっかけにオンラインカジノは違法じゃない見解が広まったんだ!

NetBanQ事件

こちらは2016年2月に、決済サービスの運営者が逮捕された事例です。

容疑者はNetBanQという決済サービスを運営していましたが、こちらのサービスがオンラインカジノで利用するための専用サービスとして提供されていたため逮捕されました。

入出金を通して賭博を行わせているのが、日本で賭博を行っているのと同じと判断されたようです。

視点を変えて決済方法から違法行為を働いたんだね!

ドリームカジノ事件

こちらは2016年6月に日本国内でカジノを運営していたとして、日本人が逮捕された事例です。

容疑者が運営していたオンラインカジノの「ドリームカジノ」はオランダ領のキュラソー島の会社だと登記していたが、実質は日本で運営されていたため違法だと判断されました。

プレイヤーの日本人も海外のオンラインカジノだと騙されていたそうです。

表記を変えられたらプレイヤーも気づけないよね!

非合法な運営をしているオンラインカジノとは

日本に店舗を構えているオンラインカジノは現状すべてが違法です。

特に気を付けていただきたいのが「インカジ」という存在です。

インカジとはオンラインカジノを行うための専用ネットカフェのようなものです。

個人でオンラインカジノで遊ぶこと自体に違法性はありませんが、インカジでは店舗内で換金してギャンブルを行わせています。

日本国内にカジノを行う店舗を構えている時点で違法ですが、換金も違法で賭博罪だと判断されてしまいます。

オンラインカジノだったらなんでも合法という訳ではないので注意してください。

また、店舗がなくても日本国内で運営しているオンラインカジノはすべて違法です。

ゲームをプレイする際は、必ず運営元を調べてから遊んでください。

とはいえ、運営元をごまかしている場合もあるので、その際は信用できるライセンスを取得しているか、第三者機関が介入しているかをチェックしましょう。

ネットの情報を鵜呑みにしないで自分で調べた方が良さそうだね!

遊雅堂の運営は政府公認のライセンスを取得していて安心!

今回は遊雅堂を運営する「Breckenridge Curacao B.V.」について、さまざまな観点から安全性と信頼性の高さをご紹介しました。

数あるオンラインカジノのなかには、現在も違法で営業し続けているサイトがあるかもしれません。

そんな時は自分で信頼に足る運営元かどうかを判断しなければなりませんが、そんなことをするくらいならぜひ安心安全な遊雅堂でオンラインカジノを始めてみてください。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました