遊雅堂の利益に税金はかかる?納税義務と納税方法について徹底解説!

遊雅堂

遊雅堂みたいなギャンブルで勝利金を得たら税金ってかかるのかな?

今回は難しいけど重要なお話!遊雅堂の税金について紹介するね!

遊雅堂は本物のお金を賭けてゲームをするオンラインカジノです。

オンラインカジノのゲームに負ければ当然賭けたお金を失いますが、勝てば配当金を得られます。

オンラインカジノだけでなくパチンコや競輪、競馬、競艇なども同じですが、たとえギャンブルだったとしても利益が生じた場合は税金を納めなければいけないのです。

このことを知らずに税金を納めずにいると、脱税を疑われてしまいます。

ですが、遊雅堂で得た利益はどのように税金を支払えばいいのかわからない方がほとんどです。

そこで今回は、遊雅堂で得た利益に対する税金の算出方法や節税方法、さらに知らないと脱税になり兼ねない重要なポイントも詳しくご紹介していきます。

遊雅堂以外のオンラインカジノも同様なので参考にしてください。

どんなことがあっても、必要な税金は必ず納めなければいけません。

納税は絶対に怠らないように気を付けましょう。

遊雅堂で得た利益に税金はかかるのか

第一に、遊雅堂で得た利益に関しては税金がかかります

国民の三大義務である「納税」は、たとえ遊雅堂のようなオンラインカジノで得た利益に対しても義務が発生するのです。

ただ、働いて得たわけでもない配当金についてはどのような収入に分類されるのか。

この点が一般的に知られていないため、ギャンブルで得た利益に税金がかからないと勘違いされている方が多いのでしょう。

遊雅堂で得た利益に税金がかかると分かったら、ここからはどうやって税金を計算するのか、税金の仕組みについてご紹介していきます。

遊雅堂だけじゃなくすべてのオンラインカジノで税金が発生するよ!

遊雅堂の利益は一時所得に換算される

遊雅堂で得た利益は「一時所得」と判断されます。

パチンコや競馬などのほかのギャンブルで得た利益も同様に、この一時所得として計算されるため税金がかかるのです。

そもそも所得は給与所得や事業所得など、合計10種類に区分されていますが、一時所得は所得のなかのひとつです。

一時所得と判断される条件は以下の4つです。

  1. 継続的でない一時的な所得である
  2. 労働によって得た所得ではない
  3. 資産売却によって得た所得ではない
  4. 営利目的とする継続的な行為から生じた所得ではない

 

一時所得と認められるものはギャンブルの配当金以外に、「クイズや懸賞の賞金」、「保険の満期返戻金」、「時効によって得た遺産」などが挙げられます。

簡単に大枠でまとめると、労働や売却をせずに一時的に入ってきた収入を一時所得と呼びます。

こういったお金に関しては税金がかからないと思われがちですが、税金がかかるように所得に分類されてしまうのです。

非課税だと思い込んで税金を払い忘れないように気を付けましょう。

オンラインカジノに税金がかかると知らなかった!って人も多いかもね!

最大50万円の特別控除が活用できる

遊雅堂で得た一時所得に対しては、満額に税金がかけられるわけではなく、一時所得に対しては最大50万円の特別控除があるのです。

たとえば遊雅堂で200万円の利益を得た場合、勝利金から特別控除の50万円を引いた150万円に対して税金がかかるという仕組みです。

つまり、遊雅堂で得た利益が50万円に満たない場合、全額特別控除によって引かれてしまうので税金を納める必要がなくなります。

遊雅堂の利益に対して税金を払わなくてよくなれば、面倒な計算や確定申告をやらなくて済みます。

税金に関する面倒な手続きをやりたくないという方は、遊雅堂の利益が50万円未満になるように調整してください。

50万を超える勝利金を得るようなハイローラーさんは特に注意が必要だよ!

遊雅堂の一時所得に対する税金の計算方法

50万円の特別控除があるとわかったので、200万円の利益がある場合の課税対象額は150万円になると分かりました。

控除された後の金額に対して税金がかかるわけですが、税率は50%です。

そのため、150万円の50%の75万円が税金として徴収されます。

計算式は「(遊雅堂の利益-50万円)×50%=遊雅堂の利益に対する税金」です。

一時所得に対する税金は50%と非常に厳しい税率が課せられます。

せっかく遊雅堂で利益を得ても、勝利金の半分が税金で引かれてしまうのは悲しい現実です。

税金の計算ってもっと難しいのかと思ってたけど結構簡単だね!

遊雅堂を利用するのにかかった必要経費を引ける

遊雅堂の一時所得に関しては課税対象額から必要経費を引けます。

そうすることで課税対象額が少なくなるので結果として税金が抑えられます。

ですが、必要経費として認められるものは限られているので、以下で詳しくご説明していきます。

遊雅堂にかかる必要経費とは

遊雅堂における必要経費とは、遊雅堂で利益を出すためにかけた費用です。

たとえばパソコンでプレイする場合はパソコン代やキーボード代、マウス代、通信費などが対象となります。

スマートフォンでプレイする場合はスマートフォン代や通信費が対象です。

ですが、これらを全額経費に盛り込められるかというわけではありません。

なぜなら、パソコンもスマートフォンも遊雅堂以外でのさまざまなことに利用できるからです。

遊雅堂のためだけにパソコンやスマートフォンを新調して、遊雅堂専用として使っているわけでなければ全額を経費に申請できません。

そのため、こういった費用を経費として申請する場合は、すべての使用用途のうち何割程度を遊雅堂用に使っているかをデータで残しておかなくてはなりません。

そうすることで使用量に応じた分を経費として申請可能になります。

ハイローラーさんは遊雅堂に対してどのくらい必要経費を使っているか計算しておいた方がいいよ!

遊雅堂の損失額は必要経費にはならない

こちらは非常に重要なポイントですが、遊雅堂で発生した過去の損失分は経費として申請できません。

そのため、どれだけ連敗して負けが膨らんでも、勝ち分に対しては税金がかかってしまうのです。

差し引き可能なのは発生した時のベット額だけですので注意してください。

たとえば300万円を賭けたゲームに勝って450万円を獲得するとします。

この場合、450万円の配当金からベットした300万円を引いた150万円に対して税金の計算式が当てはまります。

その場合の税金は「(150万円-50万円)×50%=50万円」となりますよ。

ですが、仮にそれまでに連敗して500万円損失が出たとします。

その後300万円ゲームに賭けて450万円を勝ち取った場合でも、損失分とは関係なく先ほどと同様の計算式で税金が引かれてしまいます。

この計算式を理解していないと損益を合算させて考えられがちですが、それでは脱税と判断されてしまう可能性が高いです。

一時所得はあくまで一時的なものなので、過去の損益と合算はできないのです。

過去の損失に関係なく、発生した瞬間の利益に対して税金がかかる」のを忘れないように気を付けてください。

管理も楽だからうっかり合算しちゃいそうだね!気を付けないと!

他の所得と損益通算できない

不動産所得や事業所得については損益合算が可能ですが、一時所得は遊雅堂内で損益合算ができないように、ほかの種類の所得と損益合算できませんので注意してください。

遊雅堂の税金は遊雅堂での税金ってことだね!

遊雅堂で得た利益にかかる税金の計算方法まとめ

やや複雑な話もありましたが、遊雅堂内で得た利益に対する税金の計算式は(遊雅堂で得た利益-必要経費-50万円)×50%です。

ですが、どれだけ過去に損が発生していても損失分は経費にならず、あくまで利益を得たゲームのベット額のみが適用されます。

また、遊雅堂をプレイするのに使ったデバイスも、どれだけの割合で使ったのかをデータで残しておけば経費として申請は可能です。

50万円以上の利益を出した方は、上記の内容をしっかり把握したうえで税金を納めてください。

遊雅堂にログインするとメニュー欄にある「取引履歴」⇒ゲームの履歴から賭け金額や勝利金、プレイした日付を確認できるのでまとめて確認できますよ。

遊雅堂内で履歴を確認できるんだね!

遊雅堂公式サイトはこちらをクリック☝

いつからいつまでの利益をまとめて税金を算出するのか

遊雅堂の利益は1年の1月1日から12月31日までの分をまとめて計算します。

この期間内に遊雅堂以外で一時所得を得ている場合は、他の金額と合わせて税金を計算しましょう。

年度替わりのタイミングじゃないから気を付けてね!

年をまたいで遊雅堂で遊ぶ方は注意が必要

12月31日で利益が一旦リセットされることが分かりましたが、年をまたいで遊雅堂を利用される方には要注意なポイントがあります。

たとえば12月31日までに250万円を賭けて500万円を獲得して、支払わなければいけない税金が100万円だったとしましょう。

税金は自動的に引かれるわけではなく、自分で確定申告を行って自分で払う必要があります。

そのため、考えず1月1日からまた遊雅堂で遊んで500万円をすべて失った場合は税金が払えなくなってしまいます。

なので、12月31日に税金が確定したら、少なくとも収める税金分は残して遊ぶようにしましょう

どんな理由でも税金が払えない場合は脱税と判断されてしまうので、年をまたいで遊雅堂で遊びたい方は注意してください。

遊雅堂でのプレイのタイミングを気を付けないと脱税になっちゃうんだね!

遊雅堂の利益に関する税金は確定申告を行う

先ほどちょっと触れましたが、遊雅堂の利益に対する税金を支払うためには確定申告を行う必要があります。

ここからは確定申告の方法や実施している期間についてご紹介していきます。

確定申告の方法

確定申告という言葉は聞いたことがあるけど、実際にどうやって行えばいいのかわからないという方も多いかと思います。

現在、確定申告はオンラインでも簡単に行えるので安心してください。

まず確定申告に必要なものは、給与所得がある方は勤務先の源泉徴収表、遊雅堂の支払調書、必要経費として計算する領収書です。

支払調書に関しては遊雅堂のサポートに問い合わせをすれば送ってもらえます。

確定申告に必要な書類を用意した上で国税庁のホームページにアクセスして、確定申告作成用のページから必要な情報を入力すれば、後は自動的に納税額を算出してくれます。

今は機械が対応してくれるから安心だね!やり方が分からない人は税務署に問い合わせたり、窓口に行って相談すれば対応してくれるよ!

確定申告の期間

確定申告は事前に準備は可能ですが、税務署への提出は指定の期間内でしか行えません。

2022年の確定申告の期間は2月16日~3月15日までとなっていますので、お忘れないようにしてください。

税務署に行って直接書き方を教えてもらえますが、混雑が予想されるので余裕を持って行きましょう。

また、忙しくて税務署に行く時間が確保できないという場合は、オンラインや郵送でも申告が可能ですので安心してください。

税金についてチャットボットでも問い合わせられるんだって!

遊雅堂の税金に関する注意点

最後に遊雅堂で得た利益に対する税金の注意点をお伝えします。

軽い気持ちによる行動でも重い罰則が科せられる可能性があるので、税金については事前に調べて必要な行動を取るようにしましょう。

税金をごまかすことはできない

当たり前ですが、税金のごまかしは不可能だと思ってください。

特別控除枠の50万円を超えた利益を得ているのにどうにかごまかそうとしても、いずれ必ずバレます。

国税庁は個人の口座や通帳を常にチェックしていて、また100万円以上の金額を着金すると通知が届くようになっています。

税金は厳戒態勢の下常に監視されているので、万が一、ある年の確定申告は上手く逃れられたとしても、数年後に怪しい動きを発見されて過去にごまかしていたことがバレます。

納税は国民三大義務のひとつです。

絶対に怠らないでください。

バレたらより多くのお金を取られて結局損するだけだからね!

脱税には重い罰則が設定されている

納税を怠ると、「脱税」として10年以下の懲役、若しくは1000万円以下の罰金、さらに追徴課税も課される場合があります。

追徴課税が発生すると、本来納めるはずだった金額に延滞金などがプラスされて高額な税金を請求されてしまいます。

ですが、故意に所得を隠ぺいするような悪質な案件と判断されなければ、初回は注意で済まされることもあります。

税金を払い忘れたからといって、即脱税で逮捕とはならないことのほうが多いです。

懲役が付いちゃう可能性もあるんだ!!怖いね!ちゃんと納税しないと!

遊雅堂で50万円以上の利益が出たら必ず税金を納めよう

今回は遊雅堂で発生した利益について税金を納める義務があるのか、また税金を納める方法についてご紹介しました。

遊雅堂などのオンラインカジノで得た配当金は、パチンコや競馬、競輪、競艇などと同じく、一時所得として換算されるため税金を納めなければいけません。

ですが、一時所得には50万円の特別控除があるため、年間の利益が50万円を下回る場合は税金を納める必要はありません。

この特別控除を使えば、遊び間隔で遊雅堂を利用している方のほとんどは税金を納る必要はなくなります。

ですが、まれに大当たりをしても特別控除の50万円を遥かに超える金額を得る人がいるのも事実です。

その場合は必ず必要経費と特別控除を引いて、納めるべき税金を割り出してしっかり納税しましょう。

これを忘れてしまうと脱税と判断されて、追徴課税などの重い罰則が科せられてしまいます。

遊雅堂の税金でお悩みの方にとって参考になれば幸いです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました